尿酸値を下げる食べ物や飲み物を紹介 おすすめのレシピ 運動も効果的

尿酸値を下げる食べ物や飲み物を紹介 おすすめのレシピ 運動も効果的

体内で生成される尿酸が、血液に溶けている量を尿酸値といいます。尿酸値が7.0r/dlを超えるような状態を「高尿酸血症」といい、痛風や尿路結石、腎不全などの病気の原因となるため、改善が必要になります。投薬による治療が主になりますが、高尿酸血症は生活習慣病の側面を持つといわれる通り、食事や飲み物に気を配り、定期的な運動を心がけることにより、尿酸値を下げる効果があるといわれています。順に、ご紹介しましょう。

 

尿酸値を下げる食べ物や飲み物の紹介

尿酸は、プリン体と呼ばれる物質が肝臓で分解されて生成される物質です。プリン体は肉や魚・穀物といったほぼ全ての食物に含まれており、主に旨みの成分にあたります。いわゆる「旨みのある」「コクのある」美味しい食べ物や料理には、多くのプリン体が含まれていると考えてほぼ間違いありません。肥満も尿酸値を上げる要因となりますので、まずは「美味しいものの食べ過ぎ」に気を付けることです。

 

また、尿酸は、尿に溶け込んで体外に排出されますが、尿が酸性に傾くと溶けにくくなる性質があります。尿のアルカリ化を促す食品には海藻類、根菜類、野菜、豆類などが挙げられます。

 

また、尿による排泄を促すため、水分の補給も重要です。一般に1日につき2リットルの水を少しずつ飲むとよいと言われています。お茶やコーヒーも利尿作用を促すとされお勧めです。またクエン酸は尿のアルカリ化を促す作用がある為、水にレモン汁や黒酢を入れて飲むのも効果的です。ジュースやスポーツドリンクは含まれるショ糖や果糖が尿酸値を上げる作用があり、飲み過ぎは禁物です。アルコールも同様に肝臓で分解する際に尿酸値を上げ、脱水症状の原因にもなる為、逆効果となります。

 

おすすめレシピ

尿酸値を下げる食事とは、高カロリーなものを少なくし、アルカリ化を促進する海藻類や野菜、混載、豆類をバランスよくとることです。いわゆる「日本食」の「おばんさい」的なメニューを参考にするのが良いでしょう。煮物は煮込んだスープにプリン体が濃縮されますので、煮汁は残すように心がけましょう。

 

<運動も効果的>
肥満は、高尿酸血症の原因となる為、適度な運動により肥満を解消することは、効果的です。また運動によるストレス解消も、尿酸値の低下に影響します。

 

一方で激しい運動は、エネルギーの消耗により体内の尿酸の生成量が増加します。また腎臓への血液量が減少することで尿酸の排出量も低下します。また発汗により体内の水分量が減少し、血液が濃縮され尿酸値が高くなります。尿量も少なくなってしまいます。

 

したがって、運動の際には、水分摂取を欠かさないこと、無理をしないこと、が重要になります。

 

まとめ

食事は、アルカリ化食品を中心にバランスよく
水分の摂取、ジュースやアルコールは逆効果
運動はほどほどに、水分補給を忘れずに

 

 


ホーム RSS購読